Home
GGJ Archives 2009-2012

Sapporo

Hokkaido University

[ view jammers ] [ game projects ]

Jam Site Information
Address: 

〒060-0814
札幌市北区北14条西9丁目
北海道大学 大学院情報科学研究科

アクセス
http://www.ist.hokudai.ac.jp/access/
当日は、最寄りの駅などから案内しますので、場所がわからなくても大丈夫です。

Building Name: 
北海道大学 大学院情報科学研究科
Jam Organizer Information
Contact Name: 
Sho Iwamoto
Jam Logistics
Entrance Fee: 
none
48hours: 
Site will remain open for entire 48 hours
Hours: 
23時から8時までは2,30名が入れる教室に移動します。
Who can participate: 
誰でも参加可能
Age restrictions: 
18歳以下の方は深夜までの滞在は禁止いたします。
Security: 
No security available
Auditorium space: 
No space available
Notes: 

詳しくは、ATNDページ
http://atnd.org/events/23583
を見てください。

Hokkaido University - [2011 site]

[view jammers] [games]

Location Information
Address: 

〒060-0814
札幌市北区北14条西9丁目
北海道大学 大学院情報科学研究科

アクセス
http://www.ist.hokudai.ac.jp/access/
当日は、最寄りの駅などから案内しますので、場所がわからなくても大丈夫です。

Building Name: 
北海道大学 大学院情報科学研究科
Jam Organizer Information
Contact Name: 
Sho Iwamoto
Contact Email: 
geekdrums@gmail.com
Jam Logistics
Entrance Fee: 
none
48hours: 
Site is not open for the entire 48 hours
hours: 
1/28(金):16:30~20:00, 1/29(土):8:00~20:00, 1/30 (日):8:00~20:00
Security: 
No security available
IT tools: 
Site provides no particular game development or software tools to jammers
Auditorium space: 
No space available
Notes: 

詳しくは、主催団体である
札幌ゲーム製作者コミュニティ"Kawaz"
http://www.kawaz.org/
の、GGJ2011 in Sapporoのプロジェクト
http://www.kawaz.org/projects/ggj11sap/
を見てください。

以下、プロジェクトページからの引用です。

Kawaz主催の北大会場での詳細

=

開催地:北海道大学情報科学研究科棟(外側からも見えるA13講義室を予定)

集合場所:地下鉄南北線 北18条駅(場所が北大の中でも奥まったところにあるので、わかる人以外は必ず集合もしくはお迎えに行って誘導します)

開催期間:
1/28(金):16:30~20:00 (テーマ発表、自己紹介、企画会議など)
1/29(土):8:00~20:00 (作業、途中経過発表など)
1/30(日):8:00~20:00 (作業、最後に作品をアップロード)

参加するには:
・外部の方は、Kawazのポータルサイトにメンバー登録をしてください→ http://www.kawaz.org/registration/register/
 (Kawazは年に一度以上ミーティングに参加できることが条件なので、GGJにのみ参加という人でもアカウント発行します)。
・プロジェクトページ( http://www.kawaz.org/projects/ggj11sap/ )にて、右側の操作の中から「プロジェクトに参加」を押して参加してください。
・人数が20名に達するか、開催一週間前の1/21(金)を過ぎれば、チーム決めや申請のために参加を締め切ります。

参加者の皆さんへ:
・チームづくりも事前にメンバーのスキルをポータルサイトやミーティングで把握した上で決定します。
・連絡のため、GGJ参加者にKawazからメールを送ることがあります。連絡がつくものを登録しておいてください(Kawaz登録後も、プロフィール更新ページから変更できます)。
・参加費などは徴収しません
・参加者は自分の開発環境としてPCを持ち込んで、(ゲーム製作の用途に限り)ネットワークおよび電源を利用することができます。
・可能であれば、東京工科大学や九州大学と連携して、参加者の承認を取った上でUstreamによる開発状況の中継を行います。

Syndicate content

Follow

All rights reserved 2012-2013, Global Game Jam